MODとカスタムスキン のバックアップの現在との差分(No.5)


Project CARSは、スキンを使ってカラーリングをカスタムすることが出来ます。

RedBullskin.jpg

スキンを置いてあるサイト


http://forum.projectcarsgame.com/forumdisplay.php?129-PCARS-Vehicles-Custom-Paints-Download-Database
http://www.racedepartment.com/downloads/categories/pcars-skins.62/
http://www.nogripracing.com/files.php?subcat=121
http://www.drivingitalia.net/forum/index.php?app=downloads&showcat=170

ダウンロードしたファイルはrarやzipで圧縮されているので、対応する解凍ソフトで解凍してください。

拡張子がddsと言う画像ファイルを、Steamをインストールしたフォルダーの中の


steamapps\common\pCars\Vehicles\Textures\CustomLiveriesの中に入れて上書きすれば準備完了です。

steamapps\common\pCars\Vehicles\Textures\CustomLiveriesの中に入れて上書きすればOKです。
(このフォルダのショートカットをデスクトップに置いておくと便利です)
Audiskin.jpg

ゲームを起動してマイガレージでCustom Liveryを選ぶと、カスタムカラーの車を使うことが出来ます。
(スキンを読み直したい場合は、他の車を選んで確定してから改めてCustom Liveryを選べば更新されます)


スキンに使う画像ファイルは、dds対応のペイントソフトで描くことが出来ます。


下書きは「車輌名_LIVERY_PLAYER.dds」と言う名前でCustomLiveriesフォルダに入っていますので、

これをペイントソフトに読み込んで描いてください。

(下書きは半透明レイヤーにすると位置が分かりやすいです)
wESCORT_skin.jpg

Photoshopの場合は、ddsファイルを扱えるようにするプラグインをダウンロードして下さい。

フリーソフトではPaint.NETが使えます。

http://news.mynavi.jp/articles/2008/06/26/paintdotnet/

Photoshopを使う場合は、ddsファイルを扱えるようにするプラグインをダウンロードして下さい。
https://developer.nvidia.com/nvidia-texture-tools-adobe-photoshop

また、未確認ですがフリーソフトでも編集可能なようです。「dds ペイントソフト」で検索してみてください。
  • -
FRESNEL.jpg

「車輌名_FRESNEL.dds」と言う白黒画像を用意すると、

「車輌名_LIVERY_FRESNEL.dds」と言う白黒画像を用意すると、
メッキや磨かれたアルミのように反射率を変えることが出来ます。
黒に近いほど反射率が強くなり、100%黒で塗りつぶすとメッキのようになります。
Caterham.jpg
  • -
PAGANI_ZONDA_skinT.jpg

さらに「車輌名_LIVERY_SPEC.dds」と言う画像を用意すると、メッキ調の部分に自由に色を付けることが出来ます。
PAGANI_ZONDA_T.jpg